お問合せ | サイトマップ
YOKEトップ画像
 トップページに戻る
 YOKEの事業一覧に戻る
国際協力センター運営事業
「横浜国際協力センター」に入居している国際機関
地球市民プログラム「国際機関実務体験プログラム」
「国際機関実務体験プログラム修了者アンケート調査報告書」
「国際機関実務体験プログラム YOKE研修生体験記
「OVER100」

「地球市民講座」『訪ねよう!国際機関
「地球市民講座」『夏休み!地球市民講座』
第1回「国際機関キャリアガイダンス-外務省国際機関人事センター共催-」(仮称)
  見出し画像1「横浜国際協力センター」とは
横浜市が世界の平和と発展に貢献するため、環境・食料・都市問題など地球規模の課題解決に取り組む国際機関の活動拠点として、1986年(昭和61年)みなとみらい地区に設置した施設です。 
  見出し画像2YOKEの役割
YOKEは横浜国際協力センターに入居するITTO国際熱帯材木機関(国連条約世界本部)・WFP国連世界食糧計画日本事務所等5つの国際機関を支援しています。 
パシフィコ横浜会議センター写真
 
   見出し画像2「横浜国際協力センター」に入居している国際機関
ITTOマーク ITTO国際熱帯木材機関(国連条約世界本部)
熱帯林の保全と持続可能な経営、及び熱帯森林資源の利用と貿易に関する諸問題についての協議、政策立案、国際協力を通じて持続的な発展を促進する政府組織です。
FAOマーク 国際連合食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所
国連組織の中で最大専門の機関であるFAOは、農業開発と栄養改善を促進し、食料安全保障を追求する事により、世界の貧困と飢餓撲滅に取組んでいます。
 IUCロゴ アメリカ・カナダ大学連合日本研究センター(IUC)
IUCは日本学を専攻する大学生・院生に対して上級日本語教育を行うために設立された研究機関です。卒業生は母国と日本の架け橋として世界各地で活躍し、日本に対する理解を深めることに貢献しています。
CITY NETロゴ シティネット横浜プロジェクトオフィス
CITYNETは防災・温暖化対策・インフラ・MDGsを重点分野にアジア太平洋地域を中心に活動を行ってきました。
2013年に本部事務局は横浜からソウルに移転しましたが、横浜にプロジェクトオフィスが設立され、引続き国際貢献事業を実施しています。
WFPマーク WFP国連世界食糧計画日本事務所
飢餓と貧困の撲滅を目的として設立された国連唯一の食糧支援機関です。主な受益者は、自然災害や紛争、慢性的な貧困、経済の低迷、女性差別、HIV/エイズなど様々な要因により飢餓に苦しむ人々です。
 
 
  見出し画像2地球市民プログラム
  見出し画像3「国際機関実務体験プログラム」
市内大学に在学している大学生・院生を対象に、「横浜国際協力センター」に入居する国際機関等で国際協力・交流の実務体験の機会を提供します。
各機関の地球規模の課題に対する取組みを理解し、グローバルな視野を持つ「地球市民」として「行動・実践」につなぐことができる青少年の人材育成を目指します。
平成16年度の事業開始以来、既に100名を超える学生がこのプログラムを終了しました。OB・OGの中には、卒業後、行政職員や教員、青年海外協力隊員、国際機関職員など、国際協力や人材育成の現場で活躍している人も少なくありません。
 
対象 市内大学に在学している大学生・院生で、国際協力・交流・在住外国人支援活動に関心のある学生。学内公募、選抜あり。
実施期間 8月~9月 春期:2月~3月 (年2回、各回100時間実施)
募集人数 夏期:9名 春期:7名
内容 国際機関での100時間実務体験研修、国際機関見学会、研修報告プレゼンテーション、報告書の提出。
対象大学 フェリス女学院大学、明治学院大学、横浜国立大学、横浜市立大学(協定締結大学)
受入機関  シティネット横浜プロジェクトオフィス、FAO、ITTO、IUC、JICA横浜、YOKE 計6機関
 
   見出し画像3「国際機関実務体験プログラム修了者アンケート調査報告書」
平成16年度(2004年)の実施以来、「国際機関実務体験プログラム」の修了者が100 名を超えました。
修了者にその後の進路やプログラムが与えた影響や効果などについてアンケート調査を実施しました。
国際機関実務体験プログラム 修了者アンケート調査報告書(概要版)(2012年度)
 
  見出し画像3「国際機関実務体験プログラム YOKE研修生体験記」
YOKEの実務体験プログラムに参加した学生の皆さんの体験記です。
国際機関実務体験記
 
  見出し画像3「OVER100」
国際機関実務体験プログラム修了者が100名を超えたことを機に、平成25年度(2013年度)OB・OGの自主的な組織『OVER100』が立ちあがりました。
国際機関の活動を支援するとともに、グローバルな視点に立った国際協力のセミナーやワークショップの実施などを通じて、国際交流・協力活動を推進していくことをめざしています。
 
   見出し画像2「地球市民講座」
国際機関の活動及び、国際協力・国際関係に関心を持つ青年層を対象に、「地球市民講座」を開催しています。
「国際協力センター」に入居する国際機関と連携して行われるこの講座では、地球規模の課題である食料・飢餓問題、環境・都市問題等に対する各機関の取組みについて学び、次世代の国際協力の担い手の育成を目指しています。
 
1.『訪ねよう!国際機関』
平日夜間、学校帰り・会社帰りの参加者を対象に、みなとみらいの国際機関の事務所を公開。
国際機関の職場の雰囲気を見学すると同時に、国際機関が今、もっとも知って欲しいと思っているテーマで職員が講演。
職員の職業体験を語ってもらうキャリア懇談・交流会を設け、国際機関の活動をより身近に知ってもらいます。

対象 市内在住・在学の高校生以上、大学生等30歳以下の青年、青少年教育従事者(学校教職員を含む)
実施日時 平成27年度『地球市民講座~訪ねよう!国際機関』 ※開催時間はいずれも17:00~19:00
開催日時 テーマ 講師
5月18日(月) くらしの中の熱帯林 ITTO(国際熱帯木材機関)
広報官 ラモン カリーヨ
5月29日(金) 飢餓のない世界を目指して
~世界の飢餓と国連WFPの食糧支援~
WFP(国連世界食糧計画)
日本事務所 広報官 保田 由布子
6月5日(金) 横浜の技術や技能を活かした、防災活動
~フィリピンイロイロ市の事例から~
シティネットネット横浜プロジェクト
オフィス企画課長 加藤 慎介
6月12日(金) 世界の食料、農業の現状とFAOの役割 FAO(国連食糧農業機関)
駐日連絡事務所 副所長 渡邉 和眞
12月11日(金)
予定
アメリカ・カナダ大学連合日本研究センターの
学生たちと語ろう!(予定)
アメリカ・カナダ大学連合
日本研究センター副所長 青木 惣一(予定)
募集人数 各回30名
参加費  500円(各日)
内容 1. 国際機関の事務所訪問と見学 
2. 地球市民セミナー:国際機関が取り組むテーマや活動を理解するセミナー
3. 国際機関職員とのキャリア懇談・交流会
4.国際協力-体験・参加型ワークショップ
協力機関  ITTO、WFP、シティネット横浜プロジェクトオフィス、FAO、IUC、 計5機関
 
平成26年度『地球市民講座~訪ねよう!国際機関』のセミナー風景 
 国際機関事務所訪問(国際熱帯木材機関・ITTOにて
 写真:国際機関事務所訪問(国際熱帯木材機関・ITTOにて) 写真:FAO副所長によるセミナー  
   
 写真:IUC副所長によるセミナー  
 
2.『夏休み!地球市民講座』
平日夜間に実施している「訪ねよう!国際機関」に参加できない学生・社会人のために、夏休みの平日・日中に国際機関の活動を知るための講座。食料・飢餓の2つのテーマに分け、問題解決に向けたヒントを得るための参加型ワークショップも実施。地球規模の課題に向き合い、考え、行動につなげることができる青少年の育成をめざします。

対象 市内在住・在学の高校生以上、大学生等30歳以下の青年、青少年教育従事者(学校教職員を含む)
実施日時 平成27年度『夏休み!地球市民講座』実施予定
開催日時 テーマ 午前
(参加型ワークショップ)
午後 
8月20日(木)
10:00~15:00
食糧問題 食糧問題に取組む国際機関  ハンガーバンケット  食糧問題に取組む国際機関
5月29日(金)
10:00~15:00
環境問題 ITTO(国際熱帯木材機関)  エコカフェ  シティネット横浜
プロジェクトオフィス
募集人数 各回30名
参加費  500円(各日)
内容 1. 国際機関の事務所訪問と見学 
2. 地球市民セミナー:国際機関が取り組むテーマや活動を理解するセミナー
3. 国際機関職員とのキャリア懇談・交流会
4.国際協力-体験・参加型ワークショップ
協力機関  シティネット横浜プロジェクトオフィス、FAO、ITTO、WFP(計4機関)、(特活)オックスファム・ジャパン、「OVER100」
 
 平成26年度『夏休み!地球市民講座』のセミナー風景 
   
 写真:FAO所長を囲んで 写真:WFP支援調整官を囲んで 
   
 写真:ITTO広報担当官・財務官を囲んで 写真:シティネット横浜プロジェクトオフィス企画課長を囲んで 
平成26年度『夏休み!地球市民講座』参加型ワークショップ風景  
   
  写真:食の不公平さを体験する「ハンガーバンケット」   写真:身近な環境問題への取組みを話合う「エコカフェ」
 
 3. 第1回「国際機関キャリアガイダンス-外務省国際機関人事センター共催-」(仮称)
対象 市内在住・在学の高校生以上、大学生等30歳以下の青年、青少年教育従事者(学校教職員を含む)
実施予定 9月19日(土)14:00~16:00(予定)
募集人数 30名(各回)
参加費  500円(各回)
内容 将来、国際機関で働く事を希望している青年層を対象に、外務省との共催でキャリアガイダンスを開催する。
共催  外務省総合外交政策局国際機関人事センター
 
  このページのトップにもどる
公益財団法人 横浜市国際交流協会(YOKE) 
〒220-0012
横浜市西区みなとみらい1-1-1 パシフィコ横浜 横浜国際協力センター5F
 TEL.:
045-222-1171(代表)FAX:045-222-1187
 サイトポリシー   個人情報保護方針
Copyright ©2015 YOKOHAMA ASSOCIATION FOR INTERNATIONAL COMMUNICATIONS AND EXCHANGES All Rights Reserved.